2011年鑑賞映画ベスト10

はじめに

2011年は就活やそれに伴うバイトの中断があり、劇場で映画を観る機会が減りました。
それでも劇場で23本、レンタルで114本の合計137本を鑑賞。
2010年は152本だったのでなかなかの健闘っぷりではないでしょうか(笑)

そこで今回は「2011年に公開された映画を対象に」ベスト10を付けてみました。
あくまで個人的な意見なので万人にオススメできるベストではないかもしれないのでご了承を。

10.ミッション:8ミニッツ

ミッション:8ミニッツ SFサスペンスの中にあるSFヒューマンドラマが最高。
面白いテーマだし、やはり時間ループ物は名作という証明。
良い映画だと思いますが、個人的にはダンカン・ジョーンズ監督なら前作『月に囚われた男』のほうが好き。

【感想リンク】映画『ミッション:8ミニッツ』を観てきました

9.トゥルー・グリット

トゥルー・グリット ブルーレイ&DVDセット [Blu-ray] コーエン兄弟の西部劇。マット・デイモンはエンドロール見るまで気づきませんでした。
少女の復讐劇がテーマでありながら本質は温かいドラマ。
コグバーンはツンデレ?やるときはやる凄い奴!
ラストの決闘も熱い戦いでした。良い映画です。

8.X-MEN:ファースト・ジェネレーション

X-MEN:ファースト・ジェネレーション 2枚組DVD&ブルーレイ&デジタルコピー(DVDケース)〔初回生産限定〕 これまでのXメンシリーズが回転寿司ならこの作品は銀座九兵衛くらい。最高に面白かった。
ナチスや東西冷戦を背景にしたのもgood。
シリーズを観てない人でも楽しめる。(知ってるほうがより楽しめるが)
マシュー・ヴォーン監督には今後も注目ですね。(2010年は『キック・アス』で話題に)

7.ピラニア3D

ピラニア [Blu-ray] 日本語吹き替え版で鑑賞。(声優が豪華です)
出川哲郎さんの吹き替えで笑いました。
王道中の王道を行った映画ですが、今の時代にはこういう良い意味で馬鹿な映画が必要だと改めて再認識。
木曜洋画劇場や午後のロードショーで観たい映画ですね。

【感想リンク】映画『ピラニア3D』観てきました

6.映画「けいおん!」

映画「けいおん!」劇中歌アルバム放課後ティータイム in MOVIE 去年は『告白』で1週間立ち直れませんでしたが、今年はけいおんでやられました。
もうあずにゃんあずにゃん!泣きました。青春で卒業をテーマにするのは反則です。
ロンドンの空気感が素晴らしくて旅行したくなる映画でもあります。
飛行機のシーンの作り込みは(田舎者っぽさが)凄いので是非注目を。

【感想リンク】映画『けいおん!』を観てきました(ネタバレあり)

5.127時間

127時間 ブルーレイ&DVDセット (初回生産限定) [Blu-ray] 岩の間に挟まっちゃった!さぁどうしようという実話の映画化。
どうやって映像作品として見せるかと期待してたら『スラムドッグ$ミリオネア』のような神編集でした。
地味なテーマながらこれほど魅せる映画は久しぶりです。ダニー・ボイル監督は凄いです。
神経の音には思わず声を出しそうになるほど。鑑賞の際はミネラルウォーターをどうぞ。

【感想リンク】127時間

4.猿の惑星:創世記

猿の惑星:創世記(ジェネシス) 2枚組ブルーレイ&DVD&デジタルコピー(ブルーレイケース)〔初回生産限定〕 [Blu-ray] 心の底から面白いと言えます。
これぞエンタメ!VFXもアクションもドラマも見事でした。
『猿の惑星』のタイトルに恥じない・喰われない映画を作ったほぼ新人と言って良いルパート・ワイアット監督にはこれからも期待です。
個人的にはマルフォイで有名なトム・フェルトンさんが好きでした。

【感想リンク】『猿の惑星: 創世記』を観てきました

3.ブラックスワン

ブラック・スワン 3枚組ブルーレイ&DVD&デジタルコピー(ブルーレイケース)〔初回生産限定〕 [Blu-ray] こういう映画を観たいが為に劇場に足を運んでるんですよね。
鏡にチラッと映る怖さだったり刃物の刺されるんじゃないか感の演出は最高です。
またナタリー・ポートマンですよね。ラストの表情は忘れられません。
2回観たくない映画ですが(笑)心に残る映画でした。

【感想リンク】ブラック・スワン Black Swan

2.冷たい熱帯魚

冷たい熱帯魚 [Blu-ray] 1位と2位に差はありません。文句なしに最高と言えます。
主役のでんでんさんの鬼畜っぷり。名台詞のオンパレード。これに尽きるのではないでしょうか。
わきを固める女優さんの美しさも素晴らしい、怖さを通り越して笑えるエンターテイメント性。
是非!とオススメできる映画ではありませんが、気になる人は心してかかってください。

1.ソーシャル・ネットワーク

ソーシャル・ネットワーク [Blu-ray] 3回観賞。アカデミー賞をとったサントラも購入しました。
何度観ても冒頭の会話が良いんですよねぇ。120分を存分に使い切った映画だと思います。
フィンチャーらしい映像もクール。
何度も観たい映画のひとつです。

【感想リンク】ソーシャル・ネットワーク The Social Network

おわりに

今年は東京国際ゾンビ映画祭2011に参加したり試写会にご招待頂いたりと貴重な体験を沢山した年になりました。
しかし、好評な映画をいっぱい見逃してしまったのも事実。
来年の目標は「話題作を逃さない」というところでしょうか。

素敵な映画に出会えたことに感謝して来年以降も精進していこうと思います。
おわり。

関連:2010年劇場で観た映画

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする