声優・竹達彩奈さんに求めているもの

IMG_2635

声優・竹達彩奈さんのイメージBD「あやち~東京→南の島~」を買った。
内容はグアムでの写真集を作るついでにカメラを回しました、みたいな内容で旅行感やプライベート感はあまりない。
チープな音楽をバックにポーズを決めたり、スタッフとの素の会話が如何にも仕事という印象を受ける。
3日もあるのにグアムのビデオは実質40分くらいだろうか。
前半は露出少なめだが後半にはちゃんと用意されているので期待を裏切らない作りにはなっている。

そしてただのイメージビデオではなく一応ちょっとした設定がある。
出発2週間前と10日前の東京での日常だ。
一応タイトルが「東京→南の島」なのでこのカットは必要なのだろうが、グアムに決めた動機付けはなにもない。
これならば演じた日常ではなく、いつもの竹達彩奈さんを見たかったところだ。
東京で「海行きたい」とか旅行のパンフレットを持ってるシーンがあれば納得できた。

と、ここまでは作品のテーマに対する不満であるが、僕が声優・竹達彩奈さんに求めているものは見事に収録されていたので実はとても良い買い物だったと思っている。

僕が声優・竹達彩奈さんに求めているものは唯一つ。
それは「声」でも「歌」でも「ビジュアル」でもない。

「食」である。

竹達彩奈さんのファンならその魅力に気づいている人も多いはずだ。
ソロ曲やTwitterに現れているように竹達彩奈さんはとにかくよく食べる。
このイメージBDはそんな食事シーンを沢山収録してくれた。
まず驚いたのが開始2分で「お腹減った」発言である。
この台詞からわかるようにこのBDはお食事イメージBDなのだ。

以下食べた物を書きだしてみた。
・ステーキ(ミディアム)
・なめこ汁
・ご飯
・納豆
・海苔
・パン(上記のご飯・納豆・海苔を食べた後)
・ポテト
・なめこ汁
・ホットドッグ
・アイス
・ラーメン

特に東京でのご飯と納豆は見ているこちらまお腹が減ってくる見事な食べっぷりである。
特典映像には「しゃべる、食べる」と題して食事シーンが別枠で登場するくらいだ。

そして竹達彩奈さんファン必見のカットがある。
ガンシューティングをするためにベルトを巻いて貰うのだが、なんとベルトの設定が短くてお腹に回らなかったのだ!
これには思わず竹達彩奈さんも苦笑い。

そんな食事シーンたっぷりでちょっと露出もあるビデオにはなっているが、
最後までお腹は出ないので減点ポイントである。

次のイメージビデオでは脚や胸(カメラマンは脚を狙いすぎだ)よりお腹のカットを増やして欲しいと思っている。

いずれにしても(食事見たさの)ファンは買いである。

あやち~東京→南の島~ あやち~東京→南の島~
竹達彩奈

ポニーキャニオン

Amazonで詳しく見る by AZlink

「あやち in オーストラリア」 「あやち in オーストラリア」
竹達彩奈

ポニーキャニオン 2013-08-21

Amazonで詳しく見る

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする