【個人的】2013年音楽CDシングルベスト12

2013年に発表されたシングル曲を対象にベスト12を決めました。

12.My Graduation Toss/さくら学院

My Graduation Toss My Graduation Toss
さくら学院,Tomoko Kawase,魔法のiらんどユメコレ,唐沢美帆,Shunsaku Okuda,h-wonder

ユニバーサルJ

Amazonで詳しく見る

王道ロックに定番卒業ソング歌詞。
だけど、この曲がいいのは各ソロパートの伸び。これはこの年代にしか出せない良さ。

11.lull ~そして僕らは~/Ray

lull~そして僕らは~ (通常盤) TVアニメ「凪のあすから」オープニングテーマ lull~そして僕らは~ (通常盤) TVアニメ「凪のあすから」オープニングテーマ
Ray

ジェネオン・ユニバーサル

Amazonで詳しく見る

カップリング曲の「I’m MONSTERちゃん」がとても良かったのでこの位置に。
ロック調の曲であり、サビはRayらしいメロ。歌詞も可愛いです。
「楽園PROJECT」も名曲でしたが「I’m MONSTERちゃん」もRayを語る上で外せない曲です。
なお、タイトル曲はあまり好きじゃないです。。。

10.Rage on/OLDCODEX

Rage on Rage on
OLDCODEX,YORKE.,下畑“Rio”良介,eba,小山寿

ランティス

Amazonで詳しく見る

何言ってるかわからない歌詞が癖になります。
イントロだけでも数回聴けるかっこよさ。
間違いなくOLDCODEXの代表曲になりました。

9.Vitalization/水樹奈々

Vitalization Vitalization
水樹奈々,SAYURI,吉木絵里子,上松範康,齋藤真也,菊田大介,藤間仁

キングレコード

Amazonで詳しく見る

「Synchrogazer」以上の曲をどうやって創るのかと期待していましたが、想像以上でした。
特にサビ前、Bメロダブステップ調エフェクトからの伸びは大変素晴らしいです。

8.GOUNN/ももいろクローバーZ

「GOUNN」(通常盤)(AMAZON限定絵柄特典なし) 「GOUNN」(通常盤)(AMAZON限定絵柄特典なし)
ももいろクローバーZ

キングレコード

Amazonで詳しく見る

異質なほどオルタナティブな曲。凄腕プレイヤーのテクニックに惚れます。
コンセプトから仏教ぽさを感じるのも粋。
メロディに新しさと古臭さを感じるのも面白いです。
人によってははっきり分かれるタイプの曲だと思います。

7.私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い/鈴木このみ n’ キバオブアキバ

私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い 私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い
鈴木このみ n' キバオブアキバ,鈴木このみ,キバオブアキバ

メディアファクトリー


キバオブアキバのヘヴィな曲にすごく合っています。ブレイクダウンもかっこいい。
カップリングの鈴木このみぼっちVerがツボ。適当英語の脱力感。
アニソンにはあまりないタイプの曲だと思います。

6.Shiny Blue/ゆいかおり

Shiny Blue(初回限定盤)(DVD付) Shiny Blue(初回限定盤)(DVD付)
ゆいかおり(小倉唯&石原夏織),sino,こだまさおり,板垣祐介

キングレコード

Amazonで詳しく見る<

アイドルには作れない、アイドル声優だからこそできる曲だと思います。
爽やかな曲でごちゃごちゃしておらず、ゆいかおりの声質を活かした名曲だと思います。

5.偏愛の輪舞曲/GRANRODEO

偏愛の輪舞曲 【初回限定盤】(DVD付) 偏愛の輪舞曲 【初回限定盤】(DVD付)
GRANRODEO

ランティス

Amazonで詳しく見る

「The Other self」と迷いましたが、あちらはストレートで狙いすぎてるなぁと思いましてこちらに。
とにかくメロディが面白く、曲の雰囲気がロデオ史上最高かと。
それでいてリフがハード。
カップリングの「Y・W・F」も面白いです。

4.starlog/ChouCho

starlog starlog
ChouCho,松井洋平,川本新,関野元規

ランティス

Amazonで詳しく見る

疾走感、楽器の気持よさ、ChouChoさんのボーカル。すべてヨシ。
乗り物に乗ってこの曲を聴くのがとても好きです。
リリースするたびに歌が上達しているので毎回新曲が楽しみです。

3.メニメニマニマニ/高宮なすの (鳴海杏子)

メニメニマニマニ メニメニマニマニ
高宮なすの(CV:鳴海杏子)

アース・スター レコード

Amazonで詳しく見る

2013年ベストアニソンであり近年のアニソンを含めてもベスト10入り間違いなしの名曲。
ハイテンポな歌詞の羅列に夏らしいリズム感。
思わず合いの手を入れたくなる楽しさ。ボーカルの鳴海杏子さんがまたいい味の声質。
最後まで飽きさせない緻密に計算された曲になっています。

2.でんでんぱっしょん/でんぱ組.inc

でんでんぱっしょん(初回限定 CD+DVD盤)(DVD付) でんでんぱっしょん(初回限定 CD+DVD盤)(DVD付)
でんぱ組.inc

トイズファクトリー

Amazonで詳しく見る<

でんぱ組を象徴するかのような曲。歌詞の意味のわからなさが畑亜貴らしい。
サビの高音ボーカル展開には誰もが驚くだろう。
そしてラップパートがあるのも好感。これがなかったら評価はぐんと下がったかも。
ハイテンションで最後まで駆け抜ける曲に序盤、中盤、終盤、隙がないと思うよ。

1.メギツネ/BABYMETAL

メギツネ メギツネ
BABYMETAL

トイズファクトリー

Amazonで詳しく見る

「イジメ、ダメ、ゼッタイ」も衝撃的だったけど、メタル新時代を築いたという意味ではメギツネが圧倒的。
メタラーはよく言うけど、これを認められないのならメタラー引退するべき。
これぞメタル。

カップリングは通常盤と初回版で違うけど、「紅月」はXファンの魂を揺さぶる曲。
「おねだり大作戦」はLimp Bizkitオマージュでこれまたかっこ可愛い曲になっている。
2013年、この3曲と出会えたことがなにより嬉しい。

おわり

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする