2014年を振り返って

2014年は数え年で25歳。本厄である。
熱を出して下がらない。
風邪を引くのは今年初めてだし、こんなに何もしない年末も初である。

大晦日こそ最悪だが今年はなかなか充実した年だった。

1.47都道府県にすべて行った

旅の大きな目標であった47都道府県すべてを訪れた。
子供の頃は西日本の県など殆どわからなかったのだから人生はわからない。

同時に世界遺産にも沢山行けた。
奈良や京都の古都、知床の自然、平泉に五箇山、石見銀山、厳島神社、紀伊半島…
これらの場所には命ある限り何度行ってもいいくらい素晴らしい場所だ。

2.日本百名山の目標を掲げる

これは一生物の目標だ。登山はおろかスポーツから無縁な自分が山を登るとは。
今年は筑波山(茨城)、磐梯山(福島)、大山(鳥取)に登った。
2000m以上は行っていないが、どれも本当に疲れた。
こんな調子で百名山など無理な気がするが来年は5つくらいは登ってみたい。

3.台湾とシンガポールへ

台湾は雑多な街でPM2.5が空を覆っていたのを覚えている。
日本人なら対応し易い国なのは間違いない。
シンガポールは最先端資本主義と異文化が融合された国。
街ごとに住み分けされて教育や医療水準も高く、学ぶところは多い。

4.レオナルド・ディカプリオやブラッドピットを生で見る

どちらもハリウッドの頂点たる俳優だろう。
遠目からではあったがオーラの大きさに本当に震えた。
二人の出演作も最高に面白く、一生忘れることはないだろうと思う。

5.株を始める

株を始めた。
課題としては損切りを覚える必要がるなぁと。(含み損で年越しである)
でも株を始めたおかげで世の中を注視するようになったし、
ニュースが面白く感じられる。来年も資金を増やしてプラスになるよう頑張りたい。

6.2015年は

計画を立てて実行できるような年にしたいです。

来年もよろしくお願い申し上げます。
おわり。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする