日本百名山 トムラウシ山

北海道の日本百名山トムラウシ山。「大雪の奥座敷」と称される秘境。
登山は前泊から始まる。

個室あり温泉あり美味しい食事ありで最高の宿。トムラウシ山に登るならここ以外にない。
前日は大雨だったが登山当日は天気に恵まれた。少なくとも午前中は…。

DSC03226
宿から登山口まで未舗装の道を車でけっこう走った。序盤からハード。
DSC03231
DSC03233
DSC03235
日の出と同時に登山開始した。8月なのにけっこう寒かった。
歩行時間は12時間近くになり近年では死者も出るほど過酷な山。
DSC03250


DSC03265
DSC03269
カムイ天上から歩いて山のピーク。これが一つ目。ここから下山が始まる。
DSC03291
DSC03294
コマドリ沢分岐という谷。この天気の良さと小川が下山時には一変する。
DSC03301
8月以外では深い雪渓なのだろうか。
DSC03313
DSC03323
激しい岩を登る。景色は最高。
DSC03373
DSC03375
また頂上。ここがゴールではなくまた下山する。トムラウシ公園という谷に出る。(2回目の谷底)
DSC03380
DSC03400
DSC03453
登り下りが連続するが雄大な景色に疲れも吹き飛ぶ。
ラストのピーク。これがまた結構な岩場で体力を奪う。


DSC03470
DSC03475

山頂でご飯を食べていたら次第に天気が悪くなってきた。
単独登山者は少なくツアーのグループ登山が目立った。

DSC03484
下山はすっかり天気が悪くなりレインコートが必要なほど大雨に。
DSC03487
DSC03491
中盤に渡ったコマドリ沢。大雨により増水しかなり危険な量だった。
木に捕まって何とか渡れたがかなりギリギリ。

下山は登山と同じルートなので、登り下りを繰り返えすので精神的にも体力的にも苦痛。
大雨のコンディションで気温も下がり足元もかなりのぬかるみで浸水が酷かった。

トムラウシ山は過酷な登山になるけどこの達成感はかつてないものだった。
北海道の夏山を存分に楽しめたと思う。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする