日本百名山 妙高山

計画

前日火打山登山後「黒沢池ヒュッテ」泊から→大倉乗越→長助池分岐→山頂→天狗堂→北地獄谷麻平方面→燕温泉

登山

電波が入らなかったのでツイートができなかった。
今思えばその場でツイートできなくても感想を書き溜めておく必要がある。(忘れるから)
DSC05716

朝6時、登山開始。自分のスペースが確保できる山小屋は安眠できる。
山小屋から一つ山を登った。目の前に妙高山が見えてまた下った。

DSC05727
急斜面にはロープがはられている。
DSC05730
DSC05742
DSC05743

がけ崩れを起こした斜面を歩く。

DSC05761
DSC05785
DSC05787
DSC05790

9月下旬なのでいい感じで紅葉が始まっていた。
ここからはいよいよ登り。頂上まで一気に登る。

DSC05797
DSC05798
DSC05801

日本百名山 妙高山頂上 2446m

@seriuが投稿した写真 –


DSC05817


DSC05858

山頂からの眺めは気まぐれだ。風の流れが早く、いい時は一瞬。
気温は低いしバスの時間もあるので下山する。

DSC05820
DSC05828
DSC05831
DSC05850
DSC05857

下山は急勾配で鎖場の連続。譲り合いが大切。そして鎖はあまり信用しないこと。

DSC05880
DSC05885
DSC05887
DSC05905
DSC05914

鬱蒼とした森林を歩く。道を見失ったら最期だ。

DSC05924
DSC05937
DSC05945


DSC05954

DSC05989
DSC05991

歩けど歩けど下界が見えない。時折聞こえてくる獣の鳴き声が恐くなってくる。
森林の中にいると無力さと恐怖を感じる。早く下山したいと常に思う。

DSC05996
DSC06009

湧き水で手を洗おうと岩を伝う水に触れたらなんと温泉だった。
この辺は掘らなくても温泉が出ているのだろうか。


DSC06016

DSC06024


不思議な町だった。秘境と言ってもいいだろう。遠くない未来に消えてなくなってしまうだろう。
DSC06026

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする