使用している登山道具

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

使用している登山の装備を書いてみる。
これから始める人の参考になればいいし、もっといいアイデアが集まることを期待している。

装備編
服装編
小物編
その他

-装備編-

ザック

■エレメント45/ブラックダイヤモンド

まず色が大変気に入っている。容量は45リットル。47リットルタイプもある。
2泊3日くらいの山小屋泊くらいは楽々いける。
単発の登山では大きすぎるけど、中に金属のフレームが入っているので型崩れしない。とてもフィットする。
内部へのアクセスが容易。ジッパーや紐にはこだわりを感じる。
ただ、レインカバーが付属しない。
そしてこれに限らずブラックダイヤモンド社製のレインカバーも存在しない。(代理店のロストアローに確認済 16年3月現在)

Black Diamond(ブラックダイヤモンド) エレメント45 BD54022 モロッカンブルー(MB) M Black Diamond(ブラックダイヤモンド) エレメント45 BD54022 モロッカンブルー(MB) M

BlackDiamond(ブラックダイヤモンド)

Amazonで詳しく見る

登山靴

■不明/メレル

これも色が気に入っている。泥汚れも馴染む。普段使いもできる。
ゴアテックス。すっぽり水に入れば当然濡れるが、ある程度はカバーできる。
27座登って海外旅行などにも履いていたら壊れ始めてきたので換え時。

[メレル] MERRELL ハイキングシューズ Moab Mid GORE-TEX M J87311 Dark Tan (Dark Tan/8.5) [メレル] MERRELL ハイキングシューズ Moab Mid GORE-TEX M J87311 Dark Tan (Dark Tan/8.5)

MERRELL

Amazonで詳しく見る

■GK81M/キャラバン

上記の靴から買い替え。日本製。最上位のシリーズであるグランドキング。
がっしりと硬い。手で持つと重いけど歩くと自然な感じで大地を感じられる。
岩場でも怯まずにガシガシ歩ける。ハードタイプなので曲がらない分ゴアテックスの劣化も抑えられる。
最高の一品。

キャラバン(Caravan) GK81M キャラバン(Caravan) GK81M

キャラバン

Amazonで詳しく見る

■スーパーフィート
靴の中敷き。店員に勧められるがまま騙されるように買った。これだけで5000円くらいする。
正直効果はわからない。というのも登山靴と同時に買ったため、登山靴の性能の良さか中敷きの良さかは不明。
だけど本当に疲れない。スーパーフィートのおかげということだろうか。
高いし試着では効果がわかりにくい。サイズ調整も必要なので店頭で買うのをおすすめする。

SUPERFEETTRIMFITGREENスーパーフィート (D(25.5-27cm)) SUPERFEETTRIMFITGREENスーパーフィート (D(25.5-27cm))

Superfeet

Amazonで詳しく見る

ストック

■ブラックダイヤモンド

3つに折れるタイプで多少の長さ調節も可能。
上下に伸びるタイプは使用中に緩んできそうだったから折れるタイプにした。
ストックの重要性は使って初めてわかるだろう。初めは年寄り臭くて遠慮したものだ。
下りはもちろんだけど登りで大いに活躍する。手を少し使って登るような段差ならストックがあれば越せる。
膝や腰への負担も軽減してくれるし、絶対あったほうがいいアイテム。
ソフトケース付なので登山後に汚れていてもザックを汚さずに片付けられるのも好きだ。

BLACK DIAMOND(ブラックダイヤモンド) ウルトラマウンテンFL 105-125cm BLACK DIAMOND(ブラックダイヤモンド) ウルトラマウンテンFL 105-125cm

BLACK DIAMOND(ブラックダイヤモンド)

Amazonで詳しく見る

-服装編-

ベースレイヤー

■インフィニティドライロングスリーブクルーネック/バーグハウス

ポリエステル100%の服に限る。メリノウールは真冬や行動停止時には機能するけど、登山中は暑すぎた。
それにメリノウールはとにかく乾かない。山小屋の夜には適しそう。
ということで登山中は薄いのに寒くなく汗もすぐに乾くポリエステルが良い。
それに乾いた後も匂いが残りにくい。
寒い時はこれの上にハードシェルを着れば対応できそうだ。

ハードシェル

■モノポイントシェル/ブラックダイヤモンド

最強の素材ゴアテックスを使用。撥水性に優れていて保温もする。
防寒着にもなるし雨の時も役立つ。今までは市販の雨合羽で雨を凌いでいたけど、
これは別格。値段相応の価値がある。
あと物凄く軽い。たったの235g。登山は温度調節が肝心なのですぐに出し入れできるのはとても大事。

Black Diamond(ブラックダイヤモンド) M's モノポイントシェル BD65840 アズライト(AZ) M Black Diamond(ブラックダイヤモンド) M's モノポイントシェル BD65840 アズライト(AZ) M

Amazonで詳しく見る

部屋着

■ドーンウォールフーディ/ブラックダイヤモンド

ポリエステル90%であっさり着られるパーカー。春や秋の肌寒い時や山頂、山小屋で軽く着る時に重宝する。
雨と強風で寒い時はこれの上にハードシェルを着れば大体対応できそう。

パンツ

■ストレッチトレッキングパンツ/バーグハウス

スウェットみたいに動きに合わせて記事が伸びる。岩にひっかけても破けない。
泥や水を弾くので汚れ辛い。夏は涼しく冬は暖かい。
パンツに関しては不満は全く無く、ツルツルになるまで更新する必要は感じない。
ハーフパンツとタイツという組み合わせもよく見るけど、あちらを真似する気にはならない。(なんとなく恥ずかしい)

靴下

■DRALON WOOL TREKKING SOCKS/バーグハウス

登山用の靴下に手を出したのは結構最近。それまでは普通の靴下を使っていた。
使いはじめると驚きの効果。まず分厚い。これはクッションの役目も果たすので疲れにくくなる。
素材も考えられていて抗菌しつつ汗も逃がす。長時間履いていても快適。
値は張るけど登山は足回りにはお金をかけるべきだと思った。

(バーグハウス)Berghaus W DRALON WOOL TREKKING SOCKS J0205 PPL Purple S (バーグハウス)Berghaus W DRALON WOOL TREKKING SOCKS J0205 PPL Purple S

berghaus

Amazonで詳しく見る

-小物編-

バーナー

■ウインドマスター SOD-310/SOTO

ネットで色々調べた結果、火が横に広がらず一点集中するウインドマスターが最強という結論に至った。
他のものを使ったことないけど、火力のブレがない。風が強くても勢い良く火が出続ける。
お湯を作るときも一瞬で沸く。山ごはんには欠かせない。
オプションでより安定性を増せる4本ゴトクもある。大きい調理器具なら買ったほうがいいかも。

ソト(SOTO) マイクロレギュレーターストーブ ウインドマスター SOD-310 ソト(SOTO) マイクロレギュレーターストーブ ウインドマスター SOD-310

ソト(SOTO)

Amazonで詳しく見る

■パワーガス250/SOTO

ぶっちゃけガスはなんでもいいと思う。ただプリムス社の黄色いガス缶はみんな使ってるので、
バーナーと合わせてSOTO社製にした。とても良い感じ。

ソト(SOTO) パワーガス250 トリプルミックス SOD-725T ソト(SOTO) パワーガス250 トリプルミックス SOD-725T

ソト(SOTO)

Amazonで詳しく見る

■ケトル0.6リットル/トランギア

お湯をわかすために必要。コッヘルと違って調理はできない。
今のところこれで色々作れてる。そのうちコッヘル買うかも。

trangia(トランギア) ケトル0.6リットル TR-325 【日本正規品】 trangia(トランギア) ケトル0.6リットル TR-325 【日本正規品】

trangia(トランギア)

Amazonで詳しく見る

カメラ

■α7/SONY

今まではキャノンのくっそ重たい一眼レフを首からぶら下げて死にそうになってた。
初期の登山は装備も乏しかったし、なにより一眼レフのせいでだいぶ負担になっていた。
カメラをα7にしてから劇的に登山が楽しくなった。ミラーレスは恐るべき軽さだし、カメラの楽しみも残している。
そしてなによりフルサイズ機。レンズは付属品だけど大満足。
山でカメラやりたい人にはミラーレスをおすすめする。そして次の製品とセットで買うと人生変わる。

SONY ミラーレス一眼 α7 ボディ ILCE-7/B SONY ミラーレス一眼 α7 ボディ ILCE-7/B

ソニー

Amazonで詳しく見る

カメラアタッチメント

■ストラップショット/コットンキャリア

コンデジならポケットに入れて運用できるが、一眼レフは首からぶら下げるかザックに入れて毎回取り出すことになるだろう。
首からぶら下げるのは歩くのに邪魔だし傷つけやすい。ザックになんか入れていたら取り出す時間が惜しい。
これはまさに理想の製品だ。ザックのショルダーベルトに取り付けて一眼レフを脱着する物だ。
自分は左胸に取りけている。歩いても全く邪魔にならないし、腕を伸ばすシチュエーションでも上手く避けてくれる。
カメラには三脚に固定する穴がある。そこにアタッチメントを取り付ける。90度捻ってザック側と脱着する。
すぐに取り外せるし、取り付けたら外れることはまずない。走っても取れなかった。
首から一眼レフぶら下げてる人全員におすすめしたい。

COTTON CARRIER STRAP SHOTコットンキャリア・ストラップショット STRAPSHOT COTTON CARRIER STRAP SHOTコットンキャリア・ストラップショット STRAPSHOT

COTTON CARRIER

Amazonで詳しく見る

ヘッドライト

■GT-103R/ジェントス

防水で電池パックが後ろ(前は重い)でUSB充電が可能な最強のヘッドライト。
上記の機能以外に驚くのは明るさ。圧倒的な光量で人の目に当たったら目がくらむほど。
光量は範囲を絞れるけど広げてもものすごい明るい。
電池パック側が光るので複数で歩く時も助かりそう。
ヘッドライトに関してはジェントスが良いと思っていて、高い登山メーカーのを買う必要はなさそう。

ジェントス ヘッドライト GT-100シリーズ 【明るさ210ルーメン/実用点灯6時間】 GT-101D ジェントス ヘッドライト GT-100シリーズ 【明るさ210ルーメン/実用点灯6時間】 GT-101D

GENTOS(ジェントス)

Amazonで詳しく見る

モバイルバッテリー

■PowerCore 15600/Anker

4.8A出力でiPhone6を5回以上完全充電できるという発売当初は化物のようなバッテリーだった。
実際に山小屋3泊などでも大活躍。デジカメとスマホを同時充電できるのも大きい。
今はこれ以上の容量がたくさん出ているのでそちらをオススメ。
バッテリーはとても大事なので重さをとっても大容量にするべき。

Anker PowerCore 20100 (20100mAh 2ポート 超大容量 モバイルバッテリー パナソニック製セル搭載) iPhone / iPad / Xperia / Android各種他対応 マット仕上げ トラベルポーチ付属【PowerIQ & VoltageBoost搭載】 A1271011 Anker PowerCore 20100 (20100mAh 2ポート 超大容量 モバイルバッテリー パナソニック製セル搭載) iPhone / iPad / Xperia / Android各種他対応 マット仕上げ トラベルポーチ付属【PowerIQ & VoltageBoost搭載】 A1271011

Anker

Amazonで詳しく見る

コーヒーミル

■セラミック コーヒーミル ミニ/ポーレックス

山でコーヒーを飲むのは憧れの一つだろう。最初はインスタントだったけど、余裕が出てきて買ってみた。
上からコーヒー豆を入れて蓋をして豆を挽く。挽いた豆は下のケースに貯まる仕組み。
ハンドルは取り外しが可能で本体に付けておける。セラミック刃というのもいい。
二人分くらいでぴったり。家でも普段使いできる。登山家以外にもおすすめしたい一品。

ポーレックス セラミック コーヒーミル ミニ ポーレックス セラミック コーヒーミル ミニ

ポーレックス

Amazonで詳しく見る

コーヒードリッパー

ドリッパーは普段使ってるプラ製のものを持っていってる。
ペーパーフィルター派。
折りたたみでフィルターいらずのドリッパーもあるけど、洗うのがめんどくさそうで買ってない。
プラ製なので軽いし今後もこれでいくはず。

コップ

ダイソーで買った金属製のコップ。100円ではなかったのでまぁまぁいい感じ。
チタン製などを買う頃にはテントや寝袋も買っているだろう。今はこれで満足。

-その他-

タオル・手袋・帽子

タオルはその辺の白いタオル。ダサい。スポーツ用を買いたい。
手袋は汗かいて暑くてダメ。岩場があるところは持って行くけどほとんどしない。素手派。
帽子は真冬以外被らない。これもとにかく暑い。

食べ物

■水
大体2Lのペットボトルを買う。100円くらい。水筒は重すぎてダメ。
ストローが付いてるハイドレーションもあるけど、洗うのが大変そうだしそこまでメリットを感じられない。
■食事
チョコ菓子とシリアルバーは常備。
食事はこれまでコンビニ→カップラーメン・カップ飯ときて今は防災グッズにハマってる。
大体はカップ飯と同じアルファ米だけど、味のバリエーションは多いしスプーンも入ってる。
おかずが多いのも魅力。ただ、お湯を使っても10分以上待たなければいけないのが難点。美味しいけど。

尾西食品 アルファ米12種類全部セット(非常食 5年保存 各味1食×12種類 ) 尾西食品 アルファ米12種類全部セット(非常食 5年保存 各味1食×12種類 )

サイボウ

Amazonで詳しく見る

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする