日本百名山 丹沢山

計画

1日目:西丹沢自然教室→ゴーラ沢出合→檜洞丸→臼ヶ岳→蛭ヶ岳
2日目:蛭ヶ岳→不動ノ峰→丹沢山→塔ノ岳→大倉尾根→大倉

登山


西丹沢から登山スタート。登山口は道路の脇にあって意識して歩かないと通り過ぎてしまうくらい地味な感じ。
序盤はけっこう急登。



ゴーラ沢をすぎるとまた急登。



富士山を見ながら登る。丹沢の自然が広がる。



この日は天気が良くて素晴らしい登山だった。


丹沢山の最高峰、蛭ヶ岳が見える。
蛭ヶ岳まではかなり下ってまた登ることになる。



丹沢山は水場がないので水を節約しながらの登山となるが、暑くてかなり飲んでしまう。1泊2日で縦走するなら2リットルは必要。



蛭ヶ岳に近づくと鎖も出てくる。


丹沢山最高峰蛭ヶ岳。神奈川県の海沿いの町並みが一望できる。


蛭ヶ岳からは夕日も都内方面の夜景もよく見えた。

2日目は丹沢山に向けて縦走。あとは下りだけなので楽。距離はとてもある。




丹沢山までは気持ちのよい縦走ができる。



塔ノ岳からの眺めはとても良い。


下に行くほど森林が濃くなる。永遠かのような長さ。この登りは精神的にくるタイプ。

蛭ヶ岳山荘の主人が「都内からも近いのにあまり人気がない。もっと来てほしい」と嘆いていた。
低山と思われるけど高低差はかなりのものだし、アクセスもいいので都内近郊の人はトレーニングにも使える良い山だと思った。
ただ水が手に入らないというのが一番大変なところかも。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする