レザボア・ドッグス Reservoir Dogs

強盗のために集められた、お互いに素性を知らない人間6人がコードネームとして「色」を使ってお互いに名前を呼び合い、宝石強盗計画を実行した。が、事前に警察はこの宝石強盗を把握しており、Mr.ホワイトと重傷を負ったMr.オレンジは命からがらアジトに逃げ帰る。そこにMr.ピンクがアジトに到着し、「この中に裏切り者がいる」と言い始めるのだが…。

久し振りのタランティーノ作品。
これで見てないのは07年と今年の新作だけになった。

さてさて、この作品はタランティーノのデビュー作。
あらすじは上の通りだが、映画の中では一切強盗のシーンはない。

僕は先にパルプ・フィクションを観てしまっているが、そんなことは関係無くすごかった。

音楽は言うまでもなく、時間軸の構成、人間の味の出し方等全てがQ・タランティーノの世界だった。
コアなマニアがいるのも頷ける。

そして、なんと言ってもラストだ。
ギャング映画&捜査官モノの映画の常識をぶち壊したね。

DVDのコメンタリーの評価が高いので観てみたいが、amazonは売り切れ・・・
他を探すか。

レザボア・ドッグス [Blu-ray]

監督:クエンティン・タランティーノ
参考価格:¥4,935
価格:¥3,814
OFF : ¥1,121 (23%)

レッドプラネット Red Planet

2050年、人類は滅亡の危機を迎える。生き残る道は、火星への移住のみ。”火星地球化計画”が打ち立てられ、捜査のため女船長ボーマンを筆頭に6人の精鋭が火星に旅立つが、途中アクシデントが発生、ボーマンひとりを船に残しクルーは火星への緊急着陸を迫られる。そこで彼らを待ち受けていたのは、過酷な任務と想像を絶する光景だった。 

これ、割と最近の映画だったのね。90年代かと思ってたわ。

火星ものの映画だけど、正直盛り上がりに欠けるし退屈だった。
設定だけ見ると面白いんだけど、それだけに残念。

なんというか目新しさがない。結局何がしたいのかよくわからなかった。

でも「2001年宇宙の旅」のオマージュ(船長の名前とかHALのようなAI、あのレンズなど)があって、よかったなあと。

テラフォーミングものとして観ようと思うと大失敗(僕がそうだったw

レッド プラネット 特別編 [DVD]

監督:アントニー・ホフマン
参考価格:¥2,625
価格:¥600
OFF : ¥2,025 (77%)

バトル・ロワイアル 特別篇 

西暦1997年、七原秋也ら香川県城岩町立城岩中学3年B組の42人は、修学旅行へ向かう筈のバスで眠らされ、ゲームの舞台となる小さな島、「沖木島」(おきしま)へ送り込まれた。極限状態の中、クラスメイトによる史上最悪の椅子取りゲームが始まる…。 

公開当時非常に話題になっていたが、なかなか観る機会がなかったので借りてみた。
再生すると何回も「R-15」が強調される。本当にしつこいくらいに。

最初は単純な殺し合いのゲームだと思って観ていた。
だが、大きなメッセージが込められてる映画で、観ていて泣ける場面もある。
主人公もそうだが、サブキャラクターの背景設定が良くて、一人一人がよく語られている。

過激な殺戮シーンばかりが注目される映画だが、それだけじゃないって事を観て思った。

では映画的に面白かった・気になったシーンを。
・キタノ(たけし)が見せるビデオの人がアスカだった(声優の宮村優子)
・栗山千明様のシーン全て!Q・タランティーノが惚れるのもわかる!
・台詞がドーンと強調される演出が染みる

というかこの映画の主役はビートたけしじゃないかと思う。
子供から虐められて学校を去った教師で、現在はBR法の上にいる人物。
最期の最期までたけしの行動は泣けるし笑える。たけし以外にこの役は無理だな。

河原でキタノと典子がアイスを食べるシーンは泣けるわ。。。

なんか話が逸れたけど、観たことない人は観て損ない映画だと思う。
暴力&殺戮ばかりが注目される映画だが、絶対何か見終わった後に残るはずなので、是非!

バトル・ロワイアル 特別篇 [DVD]

監督:深作欣二
参考価格:¥3,150
価格:¥2,331
OFF : ¥819 (26%)

トレマーズ4 TREMORS 4: THE LEGEND BEGINS 

カルト的人気を誇るモンスターパニックシリーズ「トレマーズ」の第4弾。1889年ネバダ州リジェクションに住むバート・ガンマーの曽祖父・ヒラムの鉱山で次々と謎の死を遂げる事件が発生。しかしその事件はグラボイズの仕業だということが判明し…。 

僕は「トレマーズ」シリーズの大ファンなのだが、この4作目だけは機会を逃し観ていなかった。

シリーズを時系列順に並べると・・・
4→1→2→3となるわけで、今作は100年以上前の話だ。

パーフェクションになる前のリジェクション、ガンマーがガンマニアになるルーツなどが観られてファンにとっては非常にいい映画だった。

グラボイズを全滅させるために雇った凄腕ガンマンのビリー。
こいつがガンマーに”男”を教えるところがよかったなあぁ。

ドラマ版や次回作を早く観たいなと思った。

トレマーズ 4 [DVD]

監督:S・S・ウィルソン
参考価格:¥3,990
価格:¥1,198
OFF : ¥2,792 (70%)

クローバーフィールド/HAKAISHA Cloverfield

「LOST」シリーズのヒットメーカー、J・J・エイブラムスが製作を手掛けた体感型SFパニックアクション。巨大な“何か”に襲われ大混乱に陥った N.Y.の惨状を、一般市民が撮影したビデオカメラという視点から描き出す。“Paramount Greatest Hits”。 

去年ネット上でプロモーション活動があったのを思い出して借りてみた。
当時は映画のストーリーは疎か、題名すら告知されていなかった気がする。
そのあとyoutubeで動画が公開されて、個人撮影的なノリな映画だと判明したと思う。

それくらいの知識で、内容をまったく触れずに観た。

パーティーのビデオの撮影中突然の地震。
自由の女神の頭が飛んできたり、9.11のテロを彷彿させる砂埃。
何かに向かっていく軍隊・・・逃げる人々・・・

臨場感溢れる演出で、その場に居るような撮影方法だ。
これを普通に写したらありきたりの映像になって全然面白くないだろう。

この方法に関しては「酔う」人が居るかも知れないが、自分は全然平気だった。
苦手な人もいるだろうからそこは注意。

まあ自分は楽しめたほうだけど、ストーリーや”何か”の正体がわからないまま終わるので、すっきりしない部分があるのは確か。
けれど、この映画は映像とその場に居るかのような体験、つまりは臨場感を楽しめれば勝ちかなって思う。

そういう意味ではSFやらアクションを期待してる人には期待はずれかも。

クローバーフィールド/HAKAISHA スペシャル・コレクターズ・エディション [Blu-ray]

監督:マット・リーヴス
参考価格:¥2,980
価格:¥2,205
OFF : ¥775 (26%)

セブン Se7en

退職間近のベテラン刑事 サマセットと新人刑事ミルズ。2人の前に、キリスト教の教え「7つの大罪」になぞらえた驚愕の連続殺人事件が発生する。胃袋が破裂する程食物を詰め込まれた大食殺人、舌と右腕を切り取られ、衰弱していく様を撮った写真が残された怠惰殺人など・・・。悪魔のような頭脳を持った犯人の用意した衝撃の結末とは・・・!? 

普段サスペンス映画はあまり好んで観ない質であるが、名作と言うことで借りてみた。
サスペンス映画初心者だが、最初に言う。

この映画は史上最高であり完璧である

と。

会話のすべてが伏線と思っていい。無駄なシーンがひとつもない。
犯人の頭脳もかなりのもので、中盤まさか・・・・・・ね・・・・・・

そしてやっぱりこの映画は最後だな。
7つの大罪・・・あれ・・・足りないよね?・・・・・・

って思って観てたら・・・・・・

☆の数では表現できない。僕の言葉でも表現しようの無い完璧さ。

セブン [DVD]

監督:デヴィッド・フィンチャー
参考価格:¥1,980
価格:¥1,750
OFF : ¥230 (12%)

ゾンビVSスナイパー AWAKEN THE DEAD

謎の毒ガスによりゾンビ化してしまった人間たち。ゾンビで溢れかえる街に1人のスナイパーが送り込まれた。ゾンビとスナイパーとの激しい銃撃シーンなど、「バイオハザード」を彷彿させるアクションホラーです。

ヒャッハー! 大量のゾンビと一匹狼のスナイパーの対決だぜー!!

・・・・・・・・・
・・・・・・
・・・

ウソです。自分で書いた煽りも、amazonの内容紹介もウソ。
まず、タイトルからウソ。スナイパーじゃないし。主人公ハンドガン使うし、なんか剣持ってるし。

そして街に溢れかえるゾンビもウソ。パッケージのゾンビより少ない気が・・・
しかもメイクも手抜き感が・・・

メイクと言えば主人公の背中のタトゥ-。
十字架のタトゥーのつもりなんだろうけど・・・・・・これは酷い!(これだけでも観る価値あり。酷すぎてw)

始めから期待していなかったが、ここまでやられるとは・・・
映像も酷い。自主制作レベルの出来だ・・・

協会の放射線なんとかって主人公らは大丈夫なのか?被爆しないの?

まーなんていうか、B級Z級を見慣れた自分にとってもこれほど途中で止めたくなった映画は覚えてる限りでは無い。本当に酷い。

それでも「ゾンビ大好きだぜ!」って人は止めないのでどうぞ。

ZVS ゾンビVSスナイパー [DVD]

監督:ジェフリー・マクマイケル , 他
参考価格:¥3,990
価格:¥3,480
OFF : ¥510 (13%)

ハンコック Hancock

超パワーで悪を退治し、街を守る男ジョン・ハンコック。
<不死身>で何千年も生きている、地上でただ一人の存在だ。
しかし、コントロールのきかない超人パワーのせいで事件解決の度に街を破壊、いつしか嫌われ者のヒーローになってしまう。
でも本人は「そんなの関係ねぇ~」と、全く反省する気もなく、酒瓶を片手に酒臭い息を吐きながら市民に悪態をついている。
・・・でも本当は孤独で寂しかった。
なぜ自分だけ違うのか?
そんな時に出会ったPR会社で働くレイとその家族がハンコックを変えていく。
皆から愛される“真のヒーロー”になるべく、ハンコックの戦いが始まる!

う~ん。いまいち纏まりに欠けるかな・・・

映像はCGを沢山使っていて迫力があり面白いとは思ったが、如何せん内容が悪い・・・

前半の”真のヒーロー”になるため、レイの言うことを聞いて良いヒーローになろうとするハンコックの姿は良かったのだが、パッケージのキャストを観て気になっていたシャーリーズ・セロンが出てきたところからおかしくなった。

これ必要かな?

だって本筋である”嫌われ者”からの”ヒーロー”がまったく無視されている。
前半と後半で違う人が考えたような内容だ。

一般的なハリウッド映画としては普通の部類かも知れないが、僕は好きになれなかった。
だが飽きるような映画でもないので、気になってる人は僕のレビューを気にしないで観てほしいと思う。

最後に、他所で多く言われている吹き替えだが、普段は字幕派の僕も「そんなに言うなら・・・」と吹き替えを確認してみた。
・・・・・・・・・これは酷い・・・なぜ声優さんを使わないんだ・・・ファンには申し訳ないけど、はっきり言って下手すぎる。学校の演劇じゃないんだ!映画なんだぞ!

映画の吹き替えに芸能人を使うな!声優を使え!

ハンコック スペシャル・エディション [Blu-ray]

監督:ピーター・バーグ
参考価格:¥2,500
価格:¥2,036
OFF : ¥464 (19%)

GOTH

高校生の男女、神山樹と森野夜は、人間の暗黒部分に異常なほど興味を抱く「GOTH」だった。ある日、森野は、変わり者が集う喫茶店で1冊の手帳を拾う。そこには最近多発している猟奇殺人の一部始終が記されていた。森野は神山を誘って、手帳を手がかりに未発見の被害者の死体を探しに現場に向かう。森野の隠された過去が次第に明らかになって行く中、事件は思わぬ方向に向かい、真犯人が2人を阻止しようと動き始める…。 

僕は原作の大ファンである。
当時この原作を読んだ時衝撃を受けた。
こんなにグロテスクでごちゃごちゃした話なのにどこか「綺麗」なのだ。

文章があっさりしていると書くと語弊がありそうだが、他に言葉が見つからないのでそうしておく。本当に「綺麗」で世界が透き通っているような小説だった。

そんな原作を映像化すると聞いて正直楽しみで楽しみでワクワクした。

話の筋は原作をミックスさせたて一本にした感じ。
故に原作を読んでいてもそれなりに楽しめるものになっていると思う。

俳優だが、神山役の本郷奏多、森野夜役の高梨臨共にすばらしい雰囲気を醸し出していた。まさにイメージ通りというところだ。
ただ、神山の性格付けが原作からすると違和感を感じた。
あまり異常性を感じられないというか、高校生を無理してる感じが・・・

森野夜は完璧だと思う。黒一色。僕が読んだ小説の登場人物で一番好きになった人物と言っても過言ではない森野夜。高梨臨は森野夜であった。

妹の桜も出番は少ないが、妹キャラ的に大成功である。

映画の雰囲気も原作に劣らない「綺麗さ」を持っていた。
あの透き通るような空気感がよく出ていたと思う。
死体の描写も「作品」であった。

ひとつ批判するとすれば、脇役の演技である。
最初の第一発見者から、クラスメイトに至るまで台詞が多度多度しい。
そこだけがどうしても目立ってしまっていた。

好きなシーンをあげると・・・
・森野夜が川に寝るシーン
・夜が携帯を受け取るところ
・夜がホームセンターでロープを選ぶところ
・夜が水口ナナミに変装するところ
・夜が(ry
・神山が汗を流して探しているところ
・夜の涙

いや~本当に良い映画だった。すべては配役が勝利してたな。うん。
原作ファンにもオススメである。

レンタルで観てしまったことを後悔・・・DVDのメイキング観たいなぁ。

GOTH[ゴス] デラックス版 [DVD]

監督:高橋玄
参考価格:¥4,935
価格:¥4,036
OFF : ¥899 (18%)

劇場版 「空の境界」 第六章 忘却録音  

第6章ということで、今回は番外編的なお話。
幹也の妹の鮮花と式がメイン。

これまでの雰囲気を良い意味でぶち壊した!

鮮花!鮮花!鮮花!

原作ファンからするとシナリオには「う~ん」って感じではあるけど、絵や音楽、雰囲気はこれまで同様すばらしいものがある。
それだけに、あのシナリオにはちょっとなぁ・・・原作通りやるのは無理なのか?
でも箸休め的な意味では良い話ではあった。

今作一番の見所は奈須きのこ氏も仰っていたカカト落とし(ちゃんとコマ送りしましたw)と戦闘シーンの音楽だろう。梶浦由記すげえって改めて思った。

ここまで書いたところで原作を読み直してみることにした。
う~ん式大好きだったけど鮮花もすばらしいなぁ・・・幹也が羨ましいぜ・・・

劇場版「空の境界」 忘却録音 【通常版】 [DVD]

監督:三浦貴博
参考価格:¥5,040
価格:¥3,550
OFF : ¥1,490 (30%)